久喜市 いしはた歯科クリニック|虫歯の進行を止めるサホライド

虫歯の進行を止めるサホライド

公開日:2015/07/18

こんにちは!
いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。
今日の久喜は提燈祭りが行われており、外からは祭りの音がにぎやかに聞こえてきます。
先ほど知りましたが、久喜の山車は日本一の提灯山車だそうです。
帰りに見れたら見て帰ろうと思います。

今回は小さいお子さんで本当は削って治療を行いたいケースで、どうしてもお子さんが嫌がって治療が出来ない場合また、虫歯がそこまで大きくなく削るほどではないが、これ以上の進行は防ぎたいケースに最適なサホライドについて説明致します。

虫歯の進行止めのお薬(サホライド)とは

虫歯の進行止めのお薬は、商品名を「サホライド」といいます。
成分はフッ化ジアンミン銀です。
簡単にいいますと、フッ素と銀が入っています。
仕組みとしては虫歯になったところに塗布すると銀が吸着して、虫歯の進行を止めます。

銀が虫歯にくっついて酸化するので、虫歯だった部分が黒くなります。
昔から健康保険に適用されている治療法です。
塗ると虫歯の進行は抑制できますが、先に書いたように黒くなりますので前歯などの見えやすい部位には使用しにくいです。
逆に奥歯の虫歯には非常に有効です。お子さんの場合長く口を開けていることが難しく、唾液も大変多いので奥歯の虫歯をきちんと治療することが大人よりもかなり難しいです。
口を開けていられないお子さんや、削ることが怖くて治療出来ないケース、削るほどの虫歯ではなくてもこれ以上の進行は防ぎたい時などにサホライドは最適なのです。

虫歯の進行止薬(サホライド)を塗った方へ

虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗って、意外に歯が黒くならなかったと思われたかもしれません。
虫歯の部分が黒くなるだけですので、奥歯の虫歯、歯の裏側の虫歯、歯と歯の間の虫歯はほとんど目立ちません。
もしも虫歯の進行止めのお薬(サホライド)の色が気になるときは、歯を削ってつめ物をするなど、他の治療法もありますのでご安心下さい。

虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗った後の注意事項

・お子様が虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗った直後に、薬を舐めてしまいますと、まれに唇や頬に薬が付いて黒くなってしまうことがありますが、皮膚の新陳代謝によって1週間ほどで黒いのはなくなります。

・小学校や幼稚園、保育園などの歯科健診で、虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗った歯が、虫歯と診断されることがよくあります。
この場合、学校からの治療指示書を持ってきていただければ治療済みと書きますので問題ありません。
ごくまれにサホライドを塗布しても虫歯が進行することがあります。虫歯と診断されたときは確認が必要ですので必ずご来院ください。

・虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗っても、まれに虫歯が進行してしまうことがあります。
3ヶ月に1回程度、定期検診のためにご来院ください。

・虫歯ができたのには、食生活、歯磨き方法、フッ素の利用度、歯科医院での予防処置の頻度などに、何らかの原因があります。
虫歯の原因を解決しない限り、お口の中の環境は変わらず、虫歯はまたできてしまいます。
甘いお菓子は食べる頻度を減らし、虫歯予防をはかって虫歯にならないようにしていきましょう。

これから虫歯の進行止めのお薬(サホライド)を塗る予定の方へ

虫歯の進行止めのお薬(サホライド)は、虫歯の進行を抑えるために使用します。
治療が困難なお子様の虫歯治療、削るほどではない小さな虫歯に使用されます。乳歯のお子様には使用されることが多いです。
虫歯の進行止めのお薬(サホライド)はお子様への負担が少ない、来院回数が少ない、治療費用が安いと、いいことばかりなのですが、ただ一つ薬を塗った部分(虫歯の部分)が黒くなるという弱点があります。
黒くなるのが気になる場合は、歯を削ってつめ物をするなど、他の治療法もありますのでご相談ください。
ただ、薬を塗った部位は、保護者の方は気になるかもしれませんが、他の方は気付かないことが多いです。

また、治療がなかなかできないお子様は、今回は虫歯の進行止めのお薬(サホライド)塗って、お子様が大きくなった頃(5~6歳頃)につめ物に交換するのも一つの方法です。
繰り返しますが、奥歯の乳歯の虫歯に関してサホライドはかなり有効な予防処置だと言えます。
前歯は写真を撮ったりする際に目立ってしまうのでよく考えるべきでしょう。
この内容についてご質問のある方は遠慮なくお尋ねください。

久喜の歯科・歯医者
いしはた歯科クリニック

院長 石幡一樹

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック

PAGE TOP