久喜市 いしはた歯科クリニック|矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

歯並びと健康は比例します

歯並びと健康は比例します

歯並びは見た目だけでなく、健康にも大きな影響を与えます。噛み合わせがずれていることで顎の発育・発音・肥満・コンプレックスなど、心と体に悪い影響を与えてしまいます。特に顎(あご)の骨の成長や歯の生え変わりの時期(主に小学生)に歯並びを整えることで、お子様の心と体が健康的に育つ良い環境を整えることができます。

歯並びを整えないとこんなことに!?

歯並びを整えないとこんなことに!?

①歯並びが悪いと汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。進行した歯周病は糖尿病や脳卒中、心筋梗塞などの病を引き起こすと言われています。

②歯が正しい位置にないことで、舌や頬などを噛んだり傷つきやすくなります。そして傷ついた部分には口内炎ができやすくなります。

③噛み合わせのバランスが悪くなることで、噛む力が均等にならなくなります。
噛む力のバランスの崩れた状態で放置すると、歯を支えている歯ぐきや骨が崩壊していきます。

矯正治療の目安 ~ 顎の形には色々な種類があります ~

美しい横顔の基準 ~Eライン~

美しい横顔の基準 Eライン いしはた歯科クリニック

顔を横から見た時に、鼻の先と顎の先を結ぶラインを「Eライン(エステライン)」と言い、このライン上に口元が並ぶと横顔美人と言われており、矯正治療の目安にもなるラインです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)~出っ歯~

上顎前突(じょうがくぜんとつ)~出っ歯~ いしはた歯科クリニック

上顎がラインよりも出てしまっている上顎前突(出っ歯)です。食事をするとき奥歯で噛むことはできますが、前歯が出ていて噛み合わがずれているので、噛み切る・よく噛むことができません。ですので下顎を前にずらして噛むくせがつき 顎の関節に負担がかかってしまいます。
また、歯のサイズが大きくて顎の骨に収まられなくなってしまった歯が、スペースを求め前方に飛び出すように生えてしまったことで上下顎前突になるケースがとても多いです。反対に顎の骨の成長が一定時期で止まってしまい、顎の骨に収まれない正常な歯が上下顎前突になる場合もあります。

下顎前突(かがくぜんとつ)~受け口・しゃくれ~

下顎前突(かがくぜんとつ)~受け口・しゃくれ~ いしはた歯科クリニック

下顎がラインよりも出てしまっている下顎前突(受け口・しゃくれ)です。一般的に下顎が過剰に成長し上顎より大きくなってしまった状態を言います。ですが反対に、上顎が成長せず見た目が下顎前突に見える場合もあります。成長期に鼻や喉などの病気で口呼吸を長く続けていたためになる場合や、指しゃぶりや舌へき(舌を突き出して飲み込むくせ)なども原因のひとつと考えられています。

お子さんの矯正治療をお考えのご両親へ

あごの成長や歯の生え変わりを利用した小児矯正には、多くのメリットがございます。
永久歯が生え揃ってからの成人矯正を行う場合には、健康な歯を抜歯しなくてはいけない可能性も高くなりますが、小児矯正の場合は成長の力に合わせてあごを正しい位置に誘導することができるため、抜歯をせずに歯並びを整えることができる可能性が高いだけでなく、受け口や出っ歯などの予防をすることもできます。
成長段階である幼少期だからこそできる治療なのです。

矯正の装置

拡大床

あごや歯列幅を広げるための取り外し可能装置です。拡大ネジを少しずつ広げていくことで、歯列を徐々に拡大していきます。

バイオネーター(機能的矯正装置)

下あごが引っ込んでいる場合などに、あごを正しい位置に誘導してくれる装置です。取り外しができるため、お食事や歯磨きのときにも邪魔になりません。

斜面板

下あごが正しく成長していない場合に、前方への成長を促してくれる装置です。上あごに装着します。

リンガルアーチ

1本~4本引っ込んでしまっている前歯を、前に押し出す部分的矯正装置です。歯の裏側に装着するため、見た目も気になりません。

クワドヘリックス

あごや歯列幅を広げる固定式の拡大床装置です。一般的な拡大床よりも力が強く、成人にも使用できます。

小児矯正をはじめる時期

小児矯正をはじめる適切な時期は、永久歯の6歳臼歯と前歯4本が生え揃った頃です。そのため、お子さんの歯並びやあごの成長に不安があり矯正治療を考えていらっしゃる場合は、6、7歳頃には一度歯科医院にて健診をお受けいただくことをおすすめいたします。
矯正相談は初回のみ無料。2日目以降は2160円かかりますのでご了承下さい。

いしはた歯科クリニックでは、小児矯正・大人の方の矯正相談を行っております。

矯正相談会のご案内

こちらのページからご予約いただくことも可能です。

治療の流れ

Step1:カウンセリング(初回無料)

歯並びに関する悩み、疑問、治療方法についての希望等をお聞かせください。
実際にお口の中を拝見し、歯並びに関する問題や治療方法、治療の流れ、治療期間から治療費まで分かりやすく説明します。

カウンセリングを受けたからといって、必ず矯正治療を受けなければいけないわけではありません。じっくりと考えていただき、後日お返事をお聞かせください。

Step2:検査

最善の治療計画を立てるためにレントゲン写真と口腔内写真を撮ります。
次に歯型を取り、噛み合せを検査し、虫歯や歯周病の検査を行います。

※場合によっては虫歯や歯周病治療が先となる場合があります
※顎の状態や骨格に問題がある場合はCTが必要となる場合もあります

Step3:治療計画

検査結果を詳細に分析し、最適な治療計画を提案、分かりやすく説明します。
治療内容にご納得いただけたら治療開始です。

Step4:矯正装置の装着

治療計画でご説明した矯正装置を装着します。
装着後は月に1度ほど通院していただき、お口の中の状態をチェックしたり装置の調整を行ったりします。

Step5:歯磨き指導

矯正装置を装着していると歯磨きがしにくくなり磨き残しが多くなる場合があります。
矯正装置を付けていてもきちんと歯を磨ける正しい歯磨き方法の指導も行っています。

Step6:保定

矯正装置を外した後、歯は元の位置へ戻ろうとします。
理想的な位置で歯を安定させるために、1年ほど保定装置(取り外し可)を装着しその動きを防止します。その後、数ヶ月に1回のペースで通院していただき経過を診ていきます。

予防矯正のすすめ

歯にとって健全な環境を整えましょう

上下の前歯が突き出ている状態を言います。歯のサイズが大きくて顎の骨に収まられなくなってしまった歯が、スペースを求め前方に飛び出すように生えてしまったことで上下顎前突になるケースがとても多いです。反対に顎の骨の成長が一定時期で止まってしまい、顎の骨に収まれない正常な歯が上下顎前突になる場合もあります。

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック

PAGE TOP