久喜市 いしはた歯科クリニック|歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?

歯周病は『静かなる病気』と呼ばれ、気づかないうちに進行してしまいます。歯周病は生活習慣病です。歯周病とは、歯と歯を支える組織(歯周組織)におけるさまざまな病気の総称です。歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していきます。

症状としては歯ぐきのはれや出血などから始まり、進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。ただし歯周病は歯茎の病気ではななく、本質的には歯を支える骨が吸収され骨が減少していく病気です。CMなどの悪影響で歯茎の病気だと思っている患者さんが、ほぼ全てですが、実際は骨が減少する病気です。
骨が減るにつれて歯茎が腫れたりなど、歯茎に副次的に症状が現れます!

こんな症状がでたら歯周病かもしれません


進行しないと、なかなか気付かないのが歯周病の怖いところです。
こんな症状がある方は、自己判断せず、
歯科医院で歯周病の検査を受けましょう!

歯周病治療

歯周病治療

歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、その歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣にも注意が必要です。
食事(よく噛まない)や歯みがき(きちんとみがかない)、ストレス、喫煙などの生活習慣が歯周病を起こしたり、悪化させる大きな要因となっています。

また、一方では、歯周病が、糖尿病や誤嚥性肺炎、動脈硬化など全身のさまざまな病気と関わっていることも明らかになってきています。歯垢をしっかり取り除き、口の中全体を清潔にしておくことは、歯周病の予防のためだけではなく、全身の健康を保つためにも極めて大切なことなのです。

歯周病の症状・進行

歯周病の進行段階は、「歯肉炎」→「軽度歯周炎」→「中等度歯周炎」→「重度歯周炎」という4段階に分けられます。
歯周病には歯槽骨に異常がなく、歯肉だけに炎症がある歯周炎と、歯槽骨まで破壊されている歯周炎とに大きく分けられます。この2つを総称して「歯周病」と呼んでいます。

歯周病の症状・進行
歯周組織に炎症がなく、歯肉はピンク色をしています。歯と歯の間の歯肉の形は、ピラミッド型をしています。歯と歯肉の間にある溝の深さは、2mm程度です。
歯周病の症状・進行
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)という細菌のかたまりがたまり、歯肉に炎症が起きた状態。骨は溶けていませんが歯茎から出血することがあります。歯と歯肉の溝は病的に深くなりポケットと呼ばれるようになります。
歯周病の症状・進行
歯肉だけでなく歯槽骨にも炎症が進み、歯根の1/3まで溶けた状態です。歯周ポケットは4mm程度でほとんど痛いみはありません。
歯周病の症状・進行
歯根の2/3以上骨が溶けた状態でポケットは7mm以上になります。歯の揺れが大きく、食事が取りづらくなったり、ひどい場合は自然に抜け落ちてしまいます。咬むと痛みがあり、時に大きく腫れたり、膿が出たりします。
歯周病の症状・進行
歯槽骨が1/2程度溶けた状態です。ポケットは5~6mm程度で歯がグラグラしたり、腫れや痛みを感じるようになります。

歯周病と全身疾患

歯周病は全身の健康とも深い関わりがあると報告されています。
糖尿病、冠状動脈心疾患(心臓病)、早期低体重児出産、誤嚥性肺炎、肥満、骨粗鬆症、自己免疫疾患などの全身疾患と歯周病との関係が研究されています。

歯周病治療の流れ

歯周組織検査

歯周ポケットの深さや、歯の揺れを測定。レントゲンによる画像診断と、必要に応じ、口腔内写真を撮影し、歯周病の進行状況を調べます。

スケーリング。ブラシング指導

スケーラーという道具(超音波や手用)を使用し、歯茎の上の歯のまわりについている歯石を取り除きます。また、歯垢(プラーク)をしっかりとり除けるよう、染め出しなどを行い、正しいブラッシング方法のアドバイスを行います。

再評価1

歯周組織の状態の再検査します。 このステップは省略する場合もあります。

ルートプルーニング

必要に応じて麻酔をして、歯茎の下の歯根表面に残っている細菌や歯石を取り除き、歯根表面を清潔でつるつるな面に仕上げます。
全体を治療する場合6回かかります。

再評価2

歯周組織の状態を再度確認します。

歯周外科治療

この段階で改良が認められない場合(歯周ポケットが5~6ミリ以上あり、出血もある)は、深く取りきれない歯石が残っているので、 麻酔をして、歯肉を少しめくった状態できちんと歯石や感染物質を取り除きます。これを行わないと妥協的な治療となりますので、月一でお掃除をすることを薦めます!

再評価3

歯周外科治療によって歯周病が改善したか確認します。
※症例に応じて再生療法が行える場合があります。

メンテナンス

治療後は1~3か月毎の定期的なメインテナンスを行い、再発を予防します。

歯周組織再生治療

歯周病によって失われた歯槽骨などの組織は通常の治療では元の状態に回復することはありません。しかしケースによってはGTR法やエムドゲイン法などの再生療法を行うことにより、歯周組織を再生させることができます。
これにより歯を保存できたり、歯の寿命を伸ばすことが可能となります。

GTR法

GTRメンブレンという医療用膜を使用し、歯肉が入りこまないよう、スペースを確保することで歯槽骨などの歯周組織を再生誘導する方法です。
高度なテクニックが必要で、一度に多数の部分を再生させるには不向きです。

エムドゲイン法

世界で200万症例 副作用率20年間で0%

エムドゲイン法1997年より臨床応用されている再生療法で、歯周組織を再生させるエナメル基質タンパク質(エムドゲインゲル)を使用する方法です。
術式は通常の歯周外科手術時にこのタンパク質を破壊された歯周組織に塗るだけなので、一度に多くの範囲に応用することができます

治療期間 手術にかかる時間は約1時間前後
手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。
抜糸は手術日から2~6週間後に行います。
術後3~6週間で歯周組織が再生されてきます。
自費治療(保険適用外)
費用 ¥80,000(税抜)1歯 通院における治療費は除く
リスク 特になし。歯周組織は必ず改善する
副作用 世界200万症例で一件もなく、当院でも副作用は当然ありません。
  • エムドゲイン法 切開
    麻酔した上で、治療する部分の歯肉を切開します。
  • エムドゲイン法 清掃
    歯石などの感染部分を清掃し、取り除きます。
  • エムドゲイン法 塗布
    骨を失った部分にエムドゲインを塗布します。
  • エムドゲイン法 縫合
    切開した歯肉部分を縫合します。

エムドゲイン法の手順

エムドゲイン再生療法の手順

Step1 手術の前に

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを取ったり、
その他治療に必要な検査を行います。エムドゲインを使った治療が行えるかどうかは、
歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なります。

Step2歯周外科手術

手術は抜歯をするときのように麻酔をかけて行います。
まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します(図1~2)。
次に歯根表面の清掃を行い(図3)、エムドゲインを塗布します(図4)。
最後に切開した歯肉部分を縫合し(図5)、手術は終了です。

歯周外科手術について

世界中の研究から歯周ポケットが6ミリ以上あるとルートプレーニングを行っても歯茎の中の歯石をきちんと取り切れず、取り残してしまうことがわかっています。では悪い物を残さないようにするためにどうすれば良いのかというと歯周外科手術があります。

進行した歯周病改善に効果を発揮する「歯周外科手術」

ブラッシング指導に従ったホームケアと、スケーリングやルートプレーニングなどの処置を行っても、歯周病の症状に改善が見られないケースでは、外科的な処置(歯周外科)で歯周病を改善することが出来ます。

進行した歯周病では、歯周ポケットが深く、奥のほうにプラークや歯石が付着しています。
通常の器具ではそれらを取り除くことができません。そこで歯肉を切開し、奥に付着しているプラークや歯石、また炎症をおこしている組織を徹底的に取り除いたあと、歯肉を元の位置に戻して縫い合わせます。手術後は、傷口を特殊なパックで覆って保護します。

「歯周外科手術」はいろいろありますが、手術をすることによって歯周ポケットは消え、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善してきます。8ミリあった歯周ポケットが3~4ミリに改善するなど著明な回復が期待できます。当院では院長がJIADSできちんと研修を積んだので積極的に歯周外科手術を行っております。もちろん患者さんがそれを望まなければ無理に行うことは決して致しませんのでご安心下さいね。

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック
求人お祝い金支給!!

PAGE TOP