tch(歯列接触癖)|久喜市 いしはた歯科クリニック

TCH(歯列接触癖)

TCH(歯列接触癖)

顎関節症の大敵TCHと歯ぎしり

顎関節症にはTCHと歯ぎしりが大きく関与していると言われています。顎の筋肉に過度な負担のかかるTCHと歯ぎしりは、筋肉の緊張や疲労に繋がり、顎関節への負担が増えるため、顎関節症だけでなく様々な不定愁訴に関わっていると考えられます。

TCH(歯列接触癖)とは

TCH(歯列接触癖:Tooth Contacting Habit)は起きている時に無意識におこなわれる“上下の歯を持続的に接触させる癖”のことです。人間は唇を閉じていても上下の歯は本来は接触していません。歯が噛みあうのは会話や食事の時のみで、上下の歯の接触時間は1日に平均すると17.5分という調査結果も出ています。

TCH(歯列接触癖)

TCH(歯列接触癖)

個人差はありますが、TCHの癖を持つ方は17.5分以上、歯の接触時間があり、顎の筋肉にはその間相当な負担がかかっていることになります。筋肉が疲弊するだけでなく顎関節への過度な緊張が続くため関節の血の巡りも悪くなります。

歯ぎしり(ブラキシズム)

歯軋りというと就寝中に“ギリギリ”と歯と歯をこすり合わせる状態をイメージすると思います。歯ぎしりは寝ている間にしているので、自分が歯ぎしりをしていることに気付かない方も多いと思います、実は寝ている間に歯ぎしり、食いしばりはほとんどの方がしているのです。歯と歯に過剰な圧力がかかるため、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担に繋がっています。歯ぎしりは咬合習癖「ブラキシズム」として3つに分類されています。

グライディング

・上下の歯を強く擦り合わせる臼磨運動で“ギリギリ”という特異なきしり音がします。睡眠中に多い一般的な歯軋りで、歯と歯の過剰接触が原因によるエナメル質や象牙質の損傷(咬耗症:こうもうしょう)の心配もあります。

クレンチング

・上下の歯の強い噛み締める食いしばりです。昼夜を問わない習癖ですが、音が出ないこともあり自覚症状はほとんどありません。

タッピング

・上下の歯をカチカチと過剰に噛む動作です。昼夜を問わない習癖ですが自覚症状はほとんどありません。

TCHはどんなときにしている?

基本的には緊張している場面でTCHはおこります。

  • 一時的に生じる精神的緊張(精神的ストレス)
  • 習慣化した作業で集中するとき(パソコン)
  • 精密作業
  • 家事(そうじ・料理)
  • テレビ、コンピューターゲーム

このように日常のよくある行動の中でTCHは生じます。

TCHチェック

  • 舌の先端あるいは周縁部に歯の圧痕がある
  • 頬粘膜に咬合線がある
  • 唇と上下の歯を別々に動かすことが困難/li>

TCHチェック その2

唇を閉じて歯を噛む。この状態から上下の歯を離すと同時に唇も空いてしまう。

口を開き上下の歯も離れている状態から、
上下の歯だけをくっつけると同時に唇も閉じてしまう。

当てはまる内容があればTCHの疑いがあります。

TCHによる口腔内の影響

  • 歯の慢性咬合痛
  • 歯周病の悪化
  • 詰め物や被せ物が外れる
  • 被せ物が壊る
  • 慢性的な口内炎
  • 歯並びによる咬みあわせの違和感
  • 舌や頬の内側を咬んでしまう
  • 舌の痛み、しびれが出る
  • 入れ歯を装着しているとき噛むと痛くなる

矯正治療への影響もあります

  • 咬み合わせが深くなる
  • 前歯の凸凹が出やすい
  • 矯正治療中に歯が動きにくい
  • ブラケット脱離の原因
  • 装置破折の原因
  • 歯根吸収の要因になる
  • 矯正時の痛みの増加

TCHをコントロール~触れたら離すを習慣化~

TCHをコントロール

  • 歯が接触するとき咀嚼筋が活動することを認識する
  • 家や職場に「歯を話す」「力を抜く」など書いたメモ(付箋)を多数貼る
  • 歯が接触していることに気付いたら離す癖を作る。その際、深呼吸をし意図的に歯を離すことを意識する

※最終的には歯が接触すると条件反射で、無意識に離すようになる

患者さんと話していると歯と歯は普段当たっているものだと思っている方が大変多いです。唇か閉じていても歯と歯の間には隙間があるのが正しい状態です。当院はTCH研究会に所属しており、適切な指導を受けることが可能です。

TCH研究会

© 2012 医療法人社団 樹伸会 いしはた歯科クリニック

PAGE TOP